8

くさ笛

『酒場放浪記』で呑んだくれの権化こと吉田類が訪れた横丁の人気店。愛嬌あふれるお母ちゃんは横丁の顔であり、生きた甲州弁の教材だ。地元民でも難解なスラングをぶっ込んでくる。お母ちゃんが「名物を食えし」と言って作ってくれたのは、店名を冠した“くさ笛どっこ”。冷奴にマグロのたたき、刻んだネギと大葉を乗せた、斬新ながらノスタルジックなひと皿だ。ちなみに笹一、七賢など山梨の地酒は700円均一。お母ちゃんに「一杯呑んでいいけ?」とねだられたら、素敵な夜の御礼に迷わずご馳走してあげよう。